資格の種類

水島工業高等学校で推奨する資格は下記のような資格です。
資格の名前は「資格名」で、また「簡単な説明」も付けているので、自分に合ったものを探しましょう。

  類型 資格名 簡単説明
1 全工協主催検定 計算技術検定 電卓の計算技術・速度の能力向上
2 全工協主催検定 情報技術検定 ソフトウェア、ハードウェアの知識向上
3 全工協主催検定 機械製図検定 図面を正しく読む能力がつきます
4 全工協主催検定 パソコン利用技術検定 excel,wordの技術向上
5 教養系 実用英語技能検定 実社会で役立つ、「世界レベルの英語力」を測る資格試験
6 教養系 工業英語能力検定 工業人にとっての英語能力を問うものです
7 教養系 日本漢字能力検定 漢字能力は日本語の基礎でもあります!
8 技能士 技能士 一定の技能基準を有することを検定する。
9 技能講習等 施工管理技術検定 施工の管理を適確に行うために必要な技術
10 技能講習等 車両系建設機械運転技能者(フォークリフト等含) 各種装置等の運転等の操作
11 技能講習等 運転士(クレーン・デリック・移動クレーン) 荷を動力を用いてつり上げる技術を習得できる。
12 技能講習等 玉掛け クレ-ンなどに物を掛け外しする技術を習得できる。
13 技能講習等 ガス溶接技能講習 金属の溶接、溶断(ガス切断)の技術を習得できる。
14 技能講習等 ボイラー取扱技能講習 小規模ボイラ-、小型ボイラ-を取り扱う上で必要な資格である。
15 技能講習等 有機溶剤作業主任者 塗料販売業、クリーニング業、清掃業の指揮・監督
16 技能講習等 酸素欠乏危険作業主任者 トンネル工事や清掃業でも活躍
17 技能講習等 特定化学物質等作業主任者 健康障害を防ぐ
18 機械系 ボイラー技士 ボイラ-の保守・管理などの業務を行うものである。
19 機械系 JIS溶接技能者評価試験(基本) 将来、溶接作業に従事する技術者に必要な資格である。
20 環境・化学系 公害防止管理者(ダイオキシン) 高い毒性で有名になったダイオキシンの管理をする
21 環境・化学系 公害防止管理者(大気・水質) 製造業等の企業内に必要な資格
22 環境・化学系 公害防止管理者(騒音・振動・特定粉塵・一般粉塵) 製造業等の企業内に必要な資格 その2
23 環境・化学系 危険物取扱者(甲種) 全ての危険物を扱いたければこれ。
24 環境・化学系 危険物取扱者(乙種4類)(乙種4類以外) 引火性・発火性危険物の安全管理
25 環境・化学系 消防設備士(1類~5類)(乙種) 消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備など
26 環境・化学系 消防設備士(6類~7類)(乙種) 消火器・漏電火災警報器の消防用設備
27 環境・化学系 毒物劇物取扱責任者 直接の取扱者には必須の資格。
28 環境・化学系 エックス線作業主任者 医療の現場でも使われている。
29 環境・化学系 火薬類取扱保安責任者(乙種) 採石場、土建業には必要資格。
30 環境・化学系 高圧ガス製造保安責任者丙種化学(液石・特別科目) 製造現場の災害防止
31 電気系 電気主任技術者 電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物の主任技術者
32 電気系 電気工事士 一般電気工作物の工事ができます
33 電気系 家電製品エンジニア(AV情報家電・生活家電) 電気製品などの修理をするために必要な資格です
34 情報系 基本情報技術者(情報2種) 情報処理の中級資格
35 情報系 ITパスポート試験 情報処理の初級資格
36 コンピュータ系 ディジタル技術検定(情報部門)(制御部門) ハードとソフト、デジタルとコンピュータ操作能力が身に着く
37 コンピュータ系 ディジタル技術検定(情報・制御部門) ディジタル情報でコミュニケーションで必要な知識や技能
38 コンピュータ系 マルチメディア検定(エキスパート(旧2級)) ディジタル情報でコミュニケーションで必要な知識や技能
39 建築系 測量士(測量士補) 測量士を助け、実際に測量に従事する。
40 建築系 トレース技能検定 製図・設計図などを清書する。
41 建築系 レタリング技能検定 クリエイティブな仕事がしたい人にぴったり
42 通信系 工事担任者(AI種・DD種) 情報通信ネットワークを支える資格です
43 通信系 総合無線通信士 無線通信のスペシャリスト
44 通信系 陸上無線技術士 無線設備の技術操作及び設備管理を行うことができる
45 通信系 アマチュア無線技士 個人の趣味として人気が高い無線操作を行える
46 その他 品質管理検定(QC検定) 製造業などのモノづくり現場などで必要とされてきています
 

コメントは受け付けていません。